うりこひめ

2007.02.14 Wednesday

私が小さい頃読んでいた本に、「うりこひめ」というのがあります。

この話はものすごいインパクトがあって、さらにイラストのあまのじゃくっていう鬼がとても怖くて、忘れられない絵本の一つなんです。

うりこひめ
「うりこひめ」
文:竹本員子 絵:田木宗太
出版社:コーキ出版
「絵本ファンタジア」シリーズの30番

なんかもう、すでに怖い…たらーっ


絵も話も怖いので、娘にすすめたことは全くなかったのですが、昨日自分から見つけてしまったようです…

うりこひめ

ちょうど節分の鬼の記憶がまだ新しい中、鬼がいるというだけで持ってきちゃったよ…

「これ読んで〜」

「・・・この鬼、怖くないの?」


うりこひめ

「だって、角は1つだし〜」

そういう問題か?!びっくり


だって…
これだよ????
↓↓↓↓
うりこひめ
※絵本ウラ表紙より

どー見ても、怖いでしょう??
子供向けとは思えないほどの、怖い鬼。


こっちは娘が泣くんじゃないかと思って心配してるのに、本人は読む気マンマンなので、ああもう面倒だ!ということで、読んでやりました。



簡単にストーリーを紹介すると…
----------------------------------------------------------
子供のいなかったおじいさんとおばあさんは、ある日大きなきゅうりから生まれた女の子を授かります。
名前を「うりこひめ」とつけて、大切に育てました。
美しく育ったうりこひめは、はたおりの名人になります。
はたおりのおかげで生活が潤ったおじいさんたちは、ある日外出します。
うりこひめが一人で留守番をしていると、あまのじゃくという悪い鬼がやってきます。
うっかり戸を開けてしまったうりこひめは、あまのじゃくに体を乗っ取られます。
うりこひめに乗り移ったあまのじゃくは、悪いことばかりします。
おかしいと思ったおじいさんは、あまのじゃくを追い出そうとして、うりこひめを追いかけます。
うりこひめが転んだ拍子で、あまのじゃくは体から出て行きました。
が、うりこひめは死んでしまいました。
おじいさんたちは悲しみましたが、それからはきゅうりが豊作になり、一生楽に過ごすことができました。
----------------------------------------------------------

というお話。

うりこひめ、死んじゃうんですね。しかも生き返らないし。
ハッピーエンド?なのかどうかも…
(おじいさんたちはハッピーかも知らんが)


さて娘は…?

うりこひめ

おい、そこは本棚じゃないよ??
隠してどうする。

「鬼が体に入ったら、死んじゃうの?」


結構ショックだったみたいです…たらーっ
だからやめとけと言ったのに…


※余談ですが、「うりこひめ」で検索かけたら、全然話が違うものばかり引っかかりました。
違う話のほうは、ハッピーエンドでした…
子供向けに話も変えてるんでしょうか??
一体どれが正しいのか…


★★ ランキング参加中です〜 ★★
 ←1クリックでランクアップします!
子育てブログランキング ←こちらもよろしく。
| 絵本について | 17:59 | - | - |

ママはいそがしいそがし

2006.06.02 Friday

これもまた私が小さい頃読んで、気に入っていた絵本です。

ママはいそがしいそがし
「ママはいそがしいそがし」
著者:つくだよしこ
出版社:コーキ出版

ネットで検索してみたのですが、あまりヒットせず…
かろうじて「オンライン書店ビーケーワン」で見つけましたが、今は購入できないそうです。


絵本の内容は、簡単に言っちゃうと、
「ママはいつでも大変である」
というお話です。



もうちょっと詳しく説明すると…

5人もいるから、ミルクもベッドも服も全部5つ。
お風呂に入るのも食事をするのも、5人まとめて。
だからママは大変だと。

「それでも赤ちゃんの頃はよかったわ…」とママは思います。
外に遊びに行けるようになると、「迷子にならないか」「みんなそろって帰ってくるか」と心配ごとが増えるんです。
ここらへんは、いつの時代も変わらないですね。
描かれた当時(昭和53年だから28年前?)は今ほど犯罪もなかったことでしょうけど…

で、冬にむけてママは5つ子ちゃんたちにセーターを編みます。
ですが、急いで編んだせいで、セーターがつながったまま。
(そういうことがあるのか…?)

でもこれでちょうどいい!とママは思います。
こうしておけば、みんな一緒に帰ってくるから…
(その代わり遊びやすさという点を犠牲にするけどね!)

そんなお話です。


子供を育てるにあたって、5人だろうが1人だろうが、大変さに変わりはないです。
そしていつになっても心配事も絶えないです。
それはいつの時代も変わらないことですね。

ママだけが忙しくて、パパはノータッチっていうところがちょっと気になりましたが…(時代ですかね?)



ということを、当時の私が考えているはずもなく、この絵本が好きだったのは単にネズミがかわいかったからです。たらーっ


★★ 1クリックお願いしま〜す! ★★
 ←1クリックでランクアップします!
子育てブログランキング ←ポチッとよろしく
| 絵本について | 12:46 | - | - |

かくれているものなあーに?

2006.04.10 Monday

私が小さい頃読んだ絵本です。
かくれているものなーに
「かくれているものなあーに?」
著者:ジェームス・クリュス /ヘルベルト・レンツ
出版社:偕成社
発行年月:1977年10月

今も売ってるのでしょうか?
「Amazon」では検索しても見当たらず、「楽天ブックス」や「オンライン書店ビーケーワン」などで置いてあったようですが、現在品切れ。

☆絵本の内容を簡単に紹介します☆

絵本をめくると、左に絵柄、右に文字が書かれています。
絵柄には何か大きなものが書かれて、後ろに何かがちょびっと見え隠れしてるんですよ。
それで文字に「このうしろにかくれているもの、なーに?」とくる。

そしてページをめくってみると、今度は左に文字、右に絵柄がきて、
「ねずみさんがかくれていたよー」となるわけです。

普通の絵本ですね。


…でもこの絵本、普通の絵本とはちょっと違う。
なんというか、この絵本、

絵がコワイ

んです。

たとえば。
かくれているものなーに
「汽車のうしろにかくれているもの、なあ〜に?」

かくれているものなーに
車掌さんがかくれていたよ…

ひぃ〜〜〜!びっくり

この絵がトラウマになり、絵本を開くのも怖くなってしまいました…
(大人になった今でも、見つめ続けるのはできません。チラ見はOK!)

いや、もしかしたら普通は「絵がキレイね〜」と言われるべきものかもしれません。
が、私が小さい頃、そう感じてしまって、今に至ってるわけです。
その小さい頃の記憶はなかなかぬぐえないところがありまして…

他にも同じ体験した人が、いるといいなぁ…


★★ いつもの応援よろしくです! ★★
 ←1クリックでランクアップします!
子育てブログランキング ←ポチッとよろしく
| 絵本について | 10:39 | - | - |

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

2006.02.14 Tuesday

以前、あるところで紹介されていた絵本がありまして。
それがとっても気になっていたんですよね。

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ


かの有名な五味太郎さんの絵本の一つです。

絵もさることながら、この雰囲気がとっても不思議。
わにも歯医者さんも同じ言葉を使っているんですが、二人の状況が違う。
その気持ちの違いがとても面白い。

前回「木のうた」っていう絵本を購入しまして、ついでだったので一緒に買ってしましました。
本当は書店で見て買いたかったんだけど、なかなか置いてないんですよ〜
でもいい買い物でした!


★★いつも応援ありがとうございます★★
 ←75位になったんですよ?!ありがとうございます!
子育てブログランキング ←ここも12位ですって!快挙です!
| 絵本について | 12:20 | - | - |

L'ALBERO

2006.02.09 Thursday

lalbero
タイトル:L'ALBERO
作・絵:IELA MARI
出版社:EMME EDIZIONI

これは、娘じゃなくて私が大好きだった絵本です。
私が娘よりちょっと大きいときに、出会った絵本だと思います。
妹も気に入っていて、よーく読んだので、もうボロボロ…

大きな樹を中心にして、冬→春→夏→秋→また冬、と季節の移り変わりがリスや鳥とともに、きれいな色で描かれています。
文字は一切なく、ただ景色のみです。
だけど本当に美しいんです。

lalbero

読み倒して、ページがボロボロ。破れてるのをテープで貼り直してるからさらに汚い。
だから新しいのが欲しいんです。
もう、いろんな人に配りたいから、たくさん欲しい!

でも、どこで売ってるの??

そう思って、ネットでいろいろ調べてみました。
すると、上に書いたような作者名から出版社名、さらにこれは「イタリアの絵本」であるということまではわかりました。
ただその先が…ネットで買えない。

さすがに現地に行けば売ってると思うから、これはいっちょイタリアまで飛んで、絵本の旅をするしかないか?!

この絵本について、詳しい方がいたら一報お願いします!


--↓ 2006/2/10 記事追加 ↓--------------------------------
この記事を書いた後、ここたまさんからこの絵本に関する情報をいただきました。
どうやら日本の「ほるぷ出版」から販売していたそうですね。

作家名:イエラ・マリ
邦題:「木のうた」

・アマゾンで買うならコチラ(画像なし)
・絵本ナビはコチラ(画像あり)

★★★ 応援してください ★★★
 ←1回クリックお願いします!
子育てブログランキング ←1回クリックお願いします!
| 絵本について | 10:15 | - | - |

ハイジ

2006.01.18 Wednesday

絵本じゃないけど、「ハイジ」について。

ハイジ(上)「ハイジ(上)」
ハイジ(下)「ハイジ(下)」

私が見たのは本じゃなくて、またケーブルテレビです。すいません。
以前に「アルプスの少女ハイジ」がやっていたんですよ。
「クララが立った!」でおなじみのアレです。

私はちゃんと見たことがなくって、そのとき初めてちゃんと見たんです。
もーハイジがかわいくって。
娘にもハイジの格好がさせたくて、でもリアルで再現すると、ただの下着姿。
そんなわけでイラストで我慢しました。

ハイジ
ハイジいいね〜あの天然ぶりがたまらん。
あととろけるチーズ!食べたい〜〜〜

いつかちゃんと本で読んでおこうと思うんですけど、時間がなかなか・・・
それにしても、ハイジに続編があるとは知らなかった・・・
それからのハイジ
「それからのハイジ」


続編だけど、作者が違うのね。
しかもペーターと結婚するなんて・・・!
なんで近いところで妥協しちゃうのハイジ!



ブログ大賞に関して、この場でお礼をさせていただきます。
エントリーをしてから3日目なのですが、早くも何件か投票していただきました。
本当の本当にありがとうございます。
1件もこないんじゃないか?やめればよかった。と思っていたので嬉しいかぎりです。
投票してくださったみなさん、本当にありがとうございました。<(_ _)>

まだ投票していただけるという方コチラです→http://www.blogaward.jp/site_vote.php?sid=2535


★★★ 応援してください ★★★
 ←1回クリックお願いします!
子育てブログランキング ←1回クリックお願いします!
| 絵本について | 12:22 | - | - |

はらぺこあおむしの歌のCD

2005.11.08 Tuesday

前回「はらぺこあおむし」の絵本の話題で、歌のCDについてちょっと書きました。

前回の話題

保育園でこのCDを聞いたりしているようで、よく家でも歌っております。
だから気になっていたんですよね。

どうしてもこのCDが欲しくて、いろいろ検索してみたんだけど、どうもよくわからない・・・

と、いうわけで保育園の先生に聞いちゃいました。(最初からそうしろよ)
もうこれなら確実!絶対!やったね!

これです↓
絵本CD
詳細はここ

上のリンク先は楽天市場ですが、他で購入したい場合は、
「エリック・カール」「絵本うた」「新沢としひこ」などで検索してみてください。
検索結果に上の画像が出てきたら、それです。

私は今日購入してみました。
届くのが楽しみ・・・

この話がよくわからんという人に、是非この歌を聞かせてあげたいのに、聞かせられないのが残念。
なーんか耳に残る歌なんですよね。
せめて歌詞だけでも・・・

♪げっつよーびー げっつよーびー りーんごーをひーとつー たーべまーしたー そーれーでーもー やっぱーりー おーなかーは ぺっこーぺこー♪

・・・わかるか!
| 絵本について | 10:40 | - | - |

はらぺこあおむし

2005.10.22 Saturday

はらぺこあおむし
「はらぺこあおむし」

作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社

これは昔からある名作。きれいな色の絵本です。
どこかのサイトで見た詳細に、「対象年齢5・6歳から」ってあったけど、娘はだいぶ前から喜んで読んでいました。
こういう対象年齢はあんまり関係ないかもね。

あおきー
あおきー=あおむし

保育園でも読んでいるらしいけど、それには歌がついているらしい。
CDがあるらしいんだけど、私もよくわからない。
娘も何か歌っております。

娘が一番好きなシーンが、ちょうちょになるところです。
「ちょうちょ」の歌を歌って喜んでいます。

ちょーちょ
| 絵本について | 07:52 | - | - |

いないいないばあ

2005.10.17 Monday

いないいないばあ
「いないいないばあ」

作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:童心社

私も子供の頃読んでいた絵本。
まだ大事にとってあったので、親子2代で読んでいます。

私はキツネが怖かったんだけど、娘は大して気にせず読んでます。
だいたい8ヶ月〜9ヶ月になったくらいから、楽しめるようになったかな。
ピークは1歳〜1歳半でした。
今は前ほどは読まなくなりました。

ばあ!
しかし、なぜたたく・・・
「ばあ!」のページになるとバシバシ殴ってます。
| 絵本について | 06:39 | - | - |

まり

2005.10.13 Thursday

まり
「まり」

作:谷川 俊太郎
絵:広瀬 弦
出版社:クレヨンハウス
発行日:2002年12月

この絵本は私の友達が贈ってくれました。

ストーリーなどはほとんどなく、まりがはねたり飛んでったりかたくなったりするのを、擬音語のみで表現している話です。
「ぽん、ぽん、ぽん」や「ひゅーん」など。

娘が7、8ヶ月くらいにもらったのですが、この頃はまだ興味なし。
でも1歳過ぎてから急にこの絵本が好きになっちゃいました。
それもそのはず、娘はまんまるフェチ。

別に親が読んであげなくても、一人で「ぽとーん」や「かきーん」とか言って楽しんでいます。

まり大好き
「たっくん たっくん」=「かっくん かっくん」
「たちーん」=「かきーん」

| 絵本について | 11:32 | - | - |

| 1/2PAGES | >>

!注意!
このブログは
更新を停止しています
↓↓
*引越し先ブログ*


その他

  • ↑バナーです。好きなの持ってってどうぞ。
  • 2006年のクリスマスイベントのFlashムービーです
  • Flashアニメ第一弾!「空飛ぶ夢」
  • 旧ブログトップFlash「うーちゃんハウス」公開

プロフィール

  • うーちゃん 6歳
  • コウくん 3歳
  • ママ(poko)
  • パパ

お知らせ