「鬼のパンツ」と「フニクリ・フニクラ」

2005.11.29 Tuesday

鬼のパンツ」っていう有名な童謡がありますよね?
でもこれのメロディって「フニクリ・フニクラ」なんじゃない??
なんで一緒なの?
疑問に感じたらすっきりさせないと気持ち悪いので、調べてみました。

-----------------------------------------------
【フニクリ・フニクラ】
1880年、トーマス・クックという旅行会社が、イタリアのナポリのベスビオ火山に観光用の登山電車をつくりました。
それが「フニコラーレ」。(イタリア語で「ケーブルカー」という意味だって。)
そして客寄せのために「フニクリ・フニクラ」という曲を作りました。
今でいうCMソングみたいなものですね。

日本では1961年にNHK「みんなのうた」で紹介されてから人気が出たようです。

-----------------------------------------------
【鬼のパンツ】
この「鬼のパンツ」はNHK「おかあさんといっしょ」で、作詞者不明として紹介されたそうです。(曲は「フニクリ・フニクラ」)
しかし今では、当時歌っていた田中星児が作詞をした、ということで結論づけられているみたいです。
「鬼のパンツ」っていうのも、ほとんどノリのようなものだった??

-----------------------------------------------
【結論】
「フニクリ・フニクラ」の曲に、この歌詞をつけたから、曲が一緒なんだって。

ちなみに【歌詞】は?

鬼のパンツは いいパンツ つよいぞ つよいぞ
トラの毛皮で できている つよいぞ つよいぞ
5年はいても やぶれない つよいぞ つよいぞ
10年はいても やぶれない つよいぞ つよいぞ
はこう はこう 鬼のパンツ
はこう はこう 鬼のパンツ
あなたも あなたも あなたも あなたも
みんなではこう 鬼のパンツ

っていうのが標準らしいですよ。
他のバージョンもいろいろあるみたい。

-----------------------------------------------
ふーんなるほどねぇ
今まで興味がなかったけど、童謡って奥が深い・・・

おまけ:娘に「鬼のパンツ」の格好をさせてみたら?
鬼のパンツ
| 調べてみたよ | 07:24 | - | - |

ペープサートってなによ?

2005.10.05 Wednesday

みなさん「ペープサート」って知ってました?
私、まったく知らんかったです。

保育園に通っていると連絡帳なるもののやり取りをします。
とある日、下のような文章が書かれてありました。
「今日はトンネルくぐりやペープサートで遊びました。とっても喜んでいましたよ。」
ペ、ペ、ペープサート?!

遊びのことらしいけど、トンネルくぐりと並列されるこの「ペープサート」とは何者なのか・・・
小心者である私は、誰にも聞けないのでいつものように自力で調べました。

------------------------------------------
「ペープサート」とは、
人形や動物などの登場人物が描かれた紙に、割り箸や木の棒をくっつけたものを使用した人形劇のこと。

だ、そうです。
つまりこれだ↓。
ペープサート
パペットの人形劇じゃなくて、紙と棒の人形劇。
安く上げてるわりには、よく出来てるよね。(裏返すと表情変わったりするし)

------------------------------------------
なるほど、「ペープサート」が紙人形劇というのはわかったけど、そもそも何語なの?

・・・調べた結果、
「ペープサート」とは、「paper puppet theater(ペーパー・パペット・シアター)」の略だそうです。
「ペープサート」はいわゆる造語。
「paper puppet theater」の英語のままだと長すぎるから、日本語のオリジナル略語にしちゃったというところでしょうか。

------------------------------------------
この「ペープサート」、言われてみればそういう人形劇ってあったけど、こんな呼び方したっけなぁ?
覚えてないやー

しかし子供ができると、今まで自分が属していなかった世界と関わることになるから、まだまだ知らない言葉が出てきそう・・・


そんな感じで。
| 調べてみたよ | 00:11 | - | - |

ちょちちょちあわわってなに?

2005.10.04 Tuesday

あわわ
保育園で教わった「ちょちちょちあわわ」が大好き。

でもそもそも、「ちょちちょちあわわ」ってなに?
結構童謡の類には詳しいと思っていたんだけど、これ、子供ができるまで知らなかった。
と、いうわけで調べてみました。

-------------------------------------
【歌詞】

♪ちょちちょち あわわ
♪かいぐり かいぐり とっとのめ
♪おつむてんてん ひじぽんぽん

最後の「ひじぽんぽん」は、地域により違うのか、「はらぽんぽん」だったり「ひじとんとん」だったりするようです。
娘の保育園ではさらにこのあとに「いないいない ばぁ〜」がつくようです。

-------------------------------------
【動作】

「ちょちちょち」は、手を叩きます。
「あわわ」は、手のひらを口にあてて「あわわ」と言います。(上のイラストのように)
「かいぐりかいぐり」は、胸のあたりで両手をぐるぐるします。(糸まきまきのように)
「とっとのめ」は、手のひらを指でとんとんします。
「おつむてんてん」は、あたまを両手でぽんぽんします。
「ひじぽんぽん」は、両ひじを両手でぽんぽんします。
※「はらぽんぽん」でも同じことです。

-------------------------------------
【メロディー】

「歌であるなら曲があるはず」ということで、今度は曲探し。
ようやくたどりついたのが、たまひよブックス「メロディでにこにこBOOK」のCD-ROMに「ちょちちょちあわわ」が入っているということ。
早速買いました。

-------------------------------------
【意味】

「この意味不明な言葉の羅列には、何か深い意味があるのでは・・・」と思っていたのですが、そんな大げさなものではなかったです。
-- 2006/4/12 annechanさんより情報いただきました -------------------
人の話を聞く時の姿勢を教える意味が含まれているそうです。
「ちょちちょち」&手を叩く=「はい注目」
「あわわ」=「口を閉じて静かに」
「かいぐりかいぐり」=「耳をすまして聞きなさい」
「とっとの目」=「ちゃんと見なさい」

なのだそうです。
----------------------------------------------------------------

-- 2007/7/29 名無しさんより情報いただきました -------------------
国語学者の大野晋先生という方の「日本語をさかのぼる」という本のなかに「ちょちちょちあわわ」について説明がありました。
「てふてふ」が「ちょうちょう」に変化したように、「てうち」も「ちょち」に、「あわわ」は、「あはは」(笑い声?)だったという解説でした。「は」の音は「わ」に変化しやすいようですね。例)藤原・ふじはら→ふじわら。

とのことでした〜
----------------------------------------------------------------


歌詞の意味を下に記しておきます。

1)「ちょちちょち」
これは、「手打ち手打ち」が「ちょちちょち」(幼児語)と発音されたためだそうです。
そういえば、この部分は手を叩きますね。

2)「あわわ」
動作のままです。手を口にあてて「あわわ」です。
※「あはは」が語源のようです。(2007/7/29)

3)「かいぐりかいぐり」
「かいぐり」で辞書を引いたところ、
 ・掻い繰ること
 ・幼児の遊びで、両手を胸の辺りで横にしてぐるぐる回すもの
 ・両手を動かし繰り寄せること。
とあったので、「たぐり寄せる」動作のことなのでしょう。

4)「とっとのめ」
まず「とっと」自体が魚・鶏・鳥などをいう幼児語だそうです。
とにかくそういう動物の目を示すということでしょうか。

5)「おつむてんてん」「ひじぽんぽん」
動作のままです。

-------------------------------------
なるほどねー。

でももしかしたら、保育園の先生たちに聞いたほうが早かった?
またはママ友とか?
・・・いないの、ママ友。
だから自力で調べてるのよ。(T_T)



--↓ 2005/12/27 記事追加 ↓---------------------------------
娘の歌声と動作を入れてFlashを作ってみました。
娘の歌には自信が・・・ないのですが、動作はこれでバッチリわかるのではないでしょうか?!
★「ちょちちょちあわわ」声&動作Flashはコチラ
| 調べてみたよ | 00:28 | - | - |

ベビーサイン

2005.10.01 Saturday

その当時1歳半だった娘は、何か飲みたいときに「ちゅーちゅー」しながらねだる仕草をしていました。
これがいわゆる「ベビーサイン」のようなもの?

ちゅーちゅー
「なんか飲みたい」のサイン

っていうか子供ができるまで「ベビーサイン」なんて、全然知らなかった。
なんだろう?と思って「ベビーサイン」を調べてみました。

■ベビーサインの歴史
1990年頃、アメリカから研究が始められたそう。
研究者の娘が、いろんなジェスチャーをしているのを見て、「何か伝えようとしているの?」と思ったのがきっかけだそうです。
で、このジェスチャーをうまく使えば、親子間のコミュニケーションツールになるのでは・・・ということみたいです。


■ベビーサインの種類
ベビーサインには、日常から自然にやるようになるタイプの「自由創造型」と、手話をベースに作られた「手話型」の2タイプに分かれるらしい。

<自由創造型>
親や子供が何の気なしに使っているもの。
たとえば
 ・食事中、ほっぺをたたいて 「おいしい!」
 ・痛い箇所に手をおいて 「いたい、いたい」
 ・人とさよならするときに手を振って 「バイバーイ」
などです。
結構フツーにやってることですよね?

<手話型>
もともとアメリカから発展していったベビーサインなので、基本形はほとんどアメリカの手話からのが多いみたい。
でも環境が違うから、日本人になじみのないサインもあるため、日本の手話をベースにした独自のベビーサインは作られているようです。
※参考サイト:「グーとパーで簡単!!ベビーサイン
ベビーサインを共通化することによって、他者とのやりとりが可能になります。(託児所など)

この手話型、実は旦那のほうが先に知っていたらしく、娘に「ちょーだい」を仕込んでいました。

ちょーだい
これが娘初のベビーサイン

「ちゅーちゅー」しながら寄ってきて、「ちょーだい」サインをしたりして、結構かわいい。

ここまで「ベビーサイン」について調べたりしながら、結局教えたのは「ちょーだい」だけ・・・
なんとなく、面倒だったから・・・
あ、でもちょうど他の単語とかいろいろ出始めた時期だったから、「ま、いっかー」になっちゃったってのもある。

せっかく調べたんだから、次の子にでも試してみっかー


参考サイト:日本ベビーサイン協会(NPO法人)
| 調べてみたよ | 18:50 | - | - |

| 1/1PAGES |

!注意!
このブログは
更新を停止しています
↓↓
*引越し先ブログ*


その他

  • ↑バナーです。好きなの持ってってどうぞ。
  • 2006年のクリスマスイベントのFlashムービーです
  • Flashアニメ第一弾!「空飛ぶ夢」
  • 旧ブログトップFlash「うーちゃんハウス」公開

プロフィール

  • うーちゃん 6歳
  • コウくん 3歳
  • ママ(poko)
  • パパ

お知らせ