<< ピザ | main | 逃げる >>

ベビーサイン

2005.10.01 Saturday

その当時1歳半だった娘は、何か飲みたいときに「ちゅーちゅー」しながらねだる仕草をしていました。
これがいわゆる「ベビーサイン」のようなもの?

ちゅーちゅー
「なんか飲みたい」のサイン

っていうか子供ができるまで「ベビーサイン」なんて、全然知らなかった。
なんだろう?と思って「ベビーサイン」を調べてみました。

■ベビーサインの歴史
1990年頃、アメリカから研究が始められたそう。
研究者の娘が、いろんなジェスチャーをしているのを見て、「何か伝えようとしているの?」と思ったのがきっかけだそうです。
で、このジェスチャーをうまく使えば、親子間のコミュニケーションツールになるのでは・・・ということみたいです。


■ベビーサインの種類
ベビーサインには、日常から自然にやるようになるタイプの「自由創造型」と、手話をベースに作られた「手話型」の2タイプに分かれるらしい。

<自由創造型>
親や子供が何の気なしに使っているもの。
たとえば
 ・食事中、ほっぺをたたいて 「おいしい!」
 ・痛い箇所に手をおいて 「いたい、いたい」
 ・人とさよならするときに手を振って 「バイバーイ」
などです。
結構フツーにやってることですよね?

<手話型>
もともとアメリカから発展していったベビーサインなので、基本形はほとんどアメリカの手話からのが多いみたい。
でも環境が違うから、日本人になじみのないサインもあるため、日本の手話をベースにした独自のベビーサインは作られているようです。
※参考サイト:「グーとパーで簡単!!ベビーサイン
ベビーサインを共通化することによって、他者とのやりとりが可能になります。(託児所など)

この手話型、実は旦那のほうが先に知っていたらしく、娘に「ちょーだい」を仕込んでいました。

ちょーだい
これが娘初のベビーサイン

「ちゅーちゅー」しながら寄ってきて、「ちょーだい」サインをしたりして、結構かわいい。

ここまで「ベビーサイン」について調べたりしながら、結局教えたのは「ちょーだい」だけ・・・
なんとなく、面倒だったから・・・
あ、でもちょうど他の単語とかいろいろ出始めた時期だったから、「ま、いっかー」になっちゃったってのもある。

せっかく調べたんだから、次の子にでも試してみっかー


参考サイト:日本ベビーサイン協会(NPO法人)
| 調べてみたよ | 18:50 | - | - |
!注意!
このブログは
更新を停止しています
↓↓
*引越し先ブログ*


最近のエントリー

その他

  • ↑バナーです。好きなの持ってってどうぞ。
  • 2006年のクリスマスイベントのFlashムービーです
  • Flashアニメ第一弾!「空飛ぶ夢」
  • 旧ブログトップFlash「うーちゃんハウス」公開

プロフィール

  • うーちゃん 6歳
  • コウくん 3歳
  • ママ(poko)
  • パパ

お知らせ